Loading
Archive

10月 2013

慌てて上着を押し入れから引っ張りだしたので
パラゾール臭をまき散らしながら出勤しています。

こんにちは。バルト山本です。

進行中プロジェクトについて、たまにブログを更新して参りたいと思います。
お付き合い下さいませ。

先日、風風亭の撮影に立ち会いました。

お肉が美味しそうに見える色目って、やはり素人撮影ではなかなか難しいものですね。
よくあるのは写真に黄味がかかってしまいお肉の油が腐っているかのような写真。
なんとも残念。

写真が美味しそうでなければ物が良くても台無し。
飲食は写真が命!
ということで、今回は男前カメラマンに撮影をお願いしました。

撮影中なんども「美味しそう…」と声を漏らしながら
必死に空腹と戦う私。。。

空腹を押し殺しながら
ヨダレたらたらな美味しそうなお肉写真と向き合いました。

ドリンクはグラスが汗をかいてしまうので
位置をしっかり決めてから氷を投入します。

微妙に位置を調整しながら
納得の行くまで撮影を行いました。

撮影終了後は全員でたらふくお肉を頂きました!
天国。

ちなみに風風亭なんばシティ店ではランチがなんと500円から!!
これ、かなりオススメです。

山本

Read More

おはようございます。バルトの中定です。
全体目標を乗せるのが遅くなってしまいました。
こういうのは月始にきちんとしないといけないですね。注意します。

さて今月の目標ですが
「情報連携こそが仕事の要」

人間って相手の思ったことがわかるようには作られていません。
それができたら神様ですよね~w

日本人は、行間を読んで相手が何をしたいかを敏感に感じ取ることにおいては世界でトップクラスだと思います。がしかし、それは同時に、正確な情報を言葉でやり取りする環境に弱い側面も同時に含んでいるでしょう。

社内、社外ともに「正確な情報連携」をもって業務を行えないからこそ、「こう思ってました」「~は行間でしょ」「~はあたりまえやん」という話になり、成果につながらなかったりもめたりするのです。でもそれってただの自己満足じゃないでしょうか?

「こまった」を「よかった」にするためには、社内のメンバー間やお客様とのコミュニケーションにおいて、勘違いをできるだけ減らす努力が必要だと思います。わからないことはその場でわからないということ、あいまいな表現をできるだけさけることなど、改善できる点はたくさんあります。

弊社VALTもたくさんお仕事をいただけるようになり、最近は手伝ってくれるメンバーも増えてきました。
そんな中でまずは私自身が気をつけねばと感じたので、今月はこの目標を意識し、実行します!!!

Read More