情報発信の責任


こんばんわ。バルトの中定です。

ほんと今日はとても暑かったです。
週末は40度の真夏日になるようですね。
夏生まれなのに太陽の日差しに弱い私はまるで
「たれパンダ」(笑)

さて、
今日は高校の先輩と久しぶりにお仕事のお話も兼ねて昼食にいきました。

その方は、会社を起業され、とても正直で誠実にお仕事をされており、
私はとても大好きなのですw

その中のトークでの気付き・・・

ずぼり!!!

「事業を行うものにとって、情報発信は義務である」

営者や、事業をされている方は
その志から、何かを達成するために日々尽力されているかと思います。

 

従業員様の生活を守ること、事業を通して利益を出し、社会に還元すること、
有益なサービスを幅広く展開すること、自己実現など
日々通帳とにらめっこをしながら(私も本気にらめっこですw)、会社を切り盛りされています。

「利益」がないと
その事業は継続しない

だから社長は経費を抑え、売上を伸ばすことに集中します。

 

ゃ、売上を伸ばすにはどうしたらいいのか。

「わたしたちはこんなことをしてるよ!!」をみんなに知ってもらうこと。

そのために、看板やチラシ、電話帳への記載をするんですよね。

情報発信は事業を継続させるための代表者の責任。
だって、売上がないとご飯すら食べていけないですもん。

自分から言わないとだれもみてくれないし、それが世の中の条理。
だから経営者の方は必至で広報されるわけです。

 

は、ホームページはというと・・・

 

「うちはコネと紹介で仕事はあるからホームページはいらんねん」
「ホームページはいると思ってるけど、高いから迷うなぁ」

なんかおかしい。
インターネットのない時代であればさもあらず
情報発信の手段が確立され
ネットユーザー数が9割を超えたこの時代に
「ウェブでの情報発信」は必須でないのか??

ぱっとみてすぐ捨てられて、それでも効果のある(と信じている)チラシの折り込みには月数万円かけるが
24時間誰でも見ることができるホームページには数千円すらもったいないと。

 

が去年大学の講師をさせていただいたのですが、
学生たちのほとんどが、
居酒屋や病院を探すのにインターネットを使うことしか思いつかないのです。
電話帳すらみない。

話を聞くと
「電話は苦手」だと。

今後そんな若者が親になり、歴史の主流になることが目に見えてわかる中で
「ホームページがいらない」とか絶対おかしい!!

 

ラシや看板が不要であるとは言わない
むしろそれらが絶大なる効果を出すシーンもたくさん見てきたし、
実際にクライアント様に紙ツールを御提案することも多々あります。

しかし、情報発信の手段としてインターネットが力を持っている今、
ホームページにて情報発信を行わない積極的な理由はあるでしょうか?

確かに悪徳まがいな制作会社も多いのは確かです。
ホームページではいつでも、だれでも、どこでも見れるだけに
日々情報を更新しないと、効果が出ないどころか顧客の信頼も失ってしまう。
作り売りで後の面倒や運用を全く見ない制作会社もおおいと感じます。
※ 全ての会社ではないし、費用的な問題もあると思うが

 

も、
だからこそ
長いおつきあいができ、お互いが信頼しあえるウェブ制作会社様とともに
積極的な情報発信を、そのほとばしる情熱をウェブの世界にも注ぎ込む価値があるのではないでしょうか?

そんなかんだで
私は
自分の言葉で、素敵なメンバーを、私たちの仕事をたくさんの方に見てもらいたい!!
だからまずは自社のホームページで定期的に情報発信をしよう!!!
と改めて決意させられた一日でした。

先輩、今日のお話といいご縁に誠に感謝です!!!
これからもよろしくお願いいたします!!!