Loading
ウェブ制作 [4サイト]

堺市文化振興財団 様

Design

ウェブサイト [ レスポンシブ ]  / 動画 / 撮影

Service

CMS / マルチサイト

ABOUT

「堺市文化振興財団」は、堺市が2016年に策定した『自由都市堺文化芸術推進計画』に沿った文化活動の振興および地域文化の創造に資する事業 を行っています。VALTでは、財団が指定管理するすべての施設のイベントや講座情報を一元管理し、堺の文化芸術発信のポータル機能を強化す るため、公式ホームページの再構築をお手伝いすることになりました。 また新たな南大阪の文化芸術の拠点となる【フェニーチェ堺】の2019年秋グランドオープンに向けて、ホームページを通じて堺市の感動・喜びを 通じた都市魅力の創造・発信を行います。

POINT

・文化を身近に感じてもらえるデザイン

ウェブを閲覧する割合の多い若年層をメインターゲットに据えて、堺の積み重ねてきた歴史やルーツを素材に、まるで素敵な逸品を見つけたわくわく感にも似た、文芸活動に携わる方の生命力、 躍動感を表現しました。

・4つのサイトを1つのCMSで管理

イベント情報やお知らせなどのコンテンツを重複することなく管理できるよう、4つのサイトを1つのCMSで統合管理する仕組みにより、ウェブサイト運用における業務効率の向上を図りました。

・新技術の採用

次世代ウェブに向けた新しい通信プロトコル「HTTP2」、同時アクセスに強いウェブサーバ「nginx」など、リッチなコンテンツながら素早いレスポンスを返すことのできるサーバ技術を採用しました。

1堺市文化振興財団

堺市の市民による市民のための文化創造を行う公益社団法人としての 使命を尊重したデザイン。ユーザビリティやアクセシビリティに配慮 し、情報伝達のトレンドを盛り込んでいます。

2フェニーチェ堺(堺市民芸術文化ホール)

オーケストラ・オペラ・バレエ・ミュージカル・伝統芸能などの優れ た舞台芸術、公演に対応可能な2,000席の大ホールを有し、その他の 多目的室やスタジオなども整備された施設です。2019年のオープン に向けたプレイベントなどの発信を通じて順次その魅力を伝えていき ます。

3堺 アルフォンス・ミュシャ館

アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、19世紀末から20世紀初 頭にかけて花開いたアール・ヌーヴォの代表的画家です。同館では堺 市が寄贈を受けた土居君雄氏のコレクションに基づきミュシャの初期 から晩年までの作品を展示・紹介、ホームページでその企画展などを 発信します。

4堺市新進アーティストバンク

堺市新人演奏会で優秀な成績をおさめた演奏家や、堺市展芸術新人賞 を受賞した若きアーティストを登録する制度で、このホームページが 新進アーティストの発表の場を提供し、市民の文化芸術に触れる機会 を育む提供促進の役割を担います。