おすすめのテキストエディター「ATOM Editor」


Webデザインを中心とした html/css/js コーディングなどをこれから始める方や、始めて間もない方に向けて、世に数多くあるエディタの中から、最近話題としてあがってきているテキストエディタ「ATOM」を紹介したいと思います。

本日のライターはTKDです。それではよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Atomとは


atom

公式サイト:https://atom.io/

Github(※1)製のテキストエディタです。
フリーソフトでありながら拡張性が高くプラットフォームを選びません。2015年6月に正式版となるVer.1.0が公開されました。
私は正式版になってから使用してみましたが、起動や動作がスムーズなこともあり最近は気に入ってよく使っています。
初期導入のハードルもかなり低いので、Webデザイナーなどが初めて利用するテキストエディタとしては十分な気がします。逆にいままで色々なテキストエディターを使いこなしてきた方にとってはUIデザインでとっつきにくい部分があるかもしれません。

Atomの特長

  • 自分の環境に合わせてパッケージをダウンロード、機能追加することが可能。拡張性が高いです。
  • 予測変換やキーバインドなど、Web開発者には助かる機能が実現されています。
  • Github製なだけあってGithubのアカウントと連携が可能です。これは一度試してみたい所です。
  • 画面分割:一つのファイルを画面分割して縦にも横にも表示ができます。
  • 未来的?なUIデザイン。未来のご家庭の為のテキストエディタ※公式の動画を見て下さい。

などなど…

Atomを使い始めるまで

インストールしたそのままでも利用することはできますが、基本的にパッケージを導入することで自分用にカスタマイズをしていきます。
初期設定では英語の環境のままなので、英語に慣れない方はまず日本語のパッケージを導入するのがいいと思います。
パッケージを導入するには

File > Setting を選択します。

atom02

Installを選ぶと検索画面が表示されます。

atom03

検索ボックスに「Japanese-menu」と入力してPackagesボタンを押すと検索結果に表示されます。

atom04

Installボタンを押すとパッケージが適用されて、メニューが日本語になります。

atom05

その他にもこれはという便利なパッケージがあるのですが、詳細については省略します。
以下のサイトなどを参考にしてもらって自分好みにカスタマイズしてはいかがでしょうか。

Github製エディタ「Atom」のカスタマイズ7選

Atom で超快適に Git を扱うためのプラグインと設定

Atomの正式版がリリースされてから3ヶ月あまり経ちましたが、使ってみた感じではUIが結構わかりやすく、入力補助も他のエディタと比較しても優れている感じがします。
アップデートによりパフォーマンスの向上や、安定性も上がってきていて、魅力的なパッケージやテーマも公開が行われているので、今まで使ってきたエディタの中では大いに期待が持てます。

今回は簡単な紹介となりましたが、新しい多機能のエディターを試してみたい方、自分用にエディターをカスタマイズしたい方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

(※1)GitHub(ギットハブ)
バージョン管理システムGitを用いたソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービス。Gitバージョン管理システムを使用。詳細は公式サイトをご参照ください。